販促用ポケットティッシュの効果を高める方法

販促用ポケットティッシュの効果を高める方法

街を歩いていると、至るところでポケットティッシュを配っている人を見かけますが、
このようなポケットティッシュは企業の販売促進(ノベルティ品)を高めるための宣伝広告の一つです。
 
はがきやチラシ、ポスターなどで販売促進を狙ったけど、思ったような効果や結果が
現れていないといったときには、新たな宣伝方法として「販促用のポケットティッシュ」を
活用してみてはいかがでしょうか。
 
販促用のポケットティッシュは、はがきやチラシ、ポスターなどのノベルティ品と、
それほど大差ない価格で導入することができる上、高い効果を得られることから人気があります。
 
そこで今回は、これらからポケットティッシュのノベルティ品を、販売促進のために取り入れようと考えている方
に必見の「販促用ポケットティッシュの効果を高める方法」をご紹介します。
 
1.販促用ポケットティッシュの効果を高める方法とは
街でよく無料配布しているポケットティッシュは、販促用ポケットティッシュ、ノベルティ品の
ポケットティッシュなどと呼ばれます。
店舗へ誘導するための宣伝広告を封入する場合もあれば、メーカーなどが販促活動の一環としてPRするために
無料で配るなど、企業それぞれの目的により活用方法は色々とあります。
 
それでは実際に、販促用ポケットティッシュを取り入れる前に、
よく知っておきたい「効果を高める方法」を理解しておきましょう。
 
1-1.工夫を凝らしたポケットティッシュを作成する
販促用ポケットティッシュの効果を最大限得るためには、
「工夫を凝らしたポケットティッシュを作成する」ことが大切です。
ほかにも様々なノベルティ品がある中で、自社が作成した製品をより目に留めてもらうためには、
他者とは何か差別化した工夫をポケットティッシュに取り入れなければなりません。
 
ポケットティッシュは、はがきやチラシなどと差ほど変わらないコストで導入できるノベルティ品です。
そのため、少し費用は多く掛かりますが、ラベルに使用する宣伝広告のデザインや文章などを、
プロの業者に依頼して作成してもらうのも一つ
です。
 
デザインや文章に長けた人が作成した広告は、それだけで大きな価値となり、
販促活動にも大きな効果をもたらすからです。
また、一度作成してもらえば、同じデータが保存されたファイルを、ほかのノベルティ品にも代用できるため、
会社としての一つの財産ともいえるでしょう。
 
1-2.業者に依頼してオリジナリティを追求する
手のひらに収まるくらいの小さなポケットティッシュですが、最適な形で活用することができれば、
大きなメリットや効果を得ることができるでしょう。
 
メーカー企業や小売店、飲食店など、さまざまな会社がノベルティ品として
ポケットティッシュを活用しています。
ポケットティッシュを専門に取り扱う業者に依頼すると、少なくとも数百単位、多いと数十万単位、
大手ともなるとそれ以上の個数で注文をする場合もあります。
 
そのため、効果的な販促用ポケットティッシュを作るためには、
業者への依頼の過程が一つの重要なポイントといえます。
業者の担当者にどのようなポケットティッシュが、人気が高くて、どのような工夫を取り入れることができるか、
といった点について色々と相談してみると良いでしょう。
 
一般的な販促用ポケットティッシュは、ティッシュの紙を包むビニールの外側にポケットが付いていることから、
そこに企業の宣伝広告を入れるのが通常です。
しかし中には、未使用のままではラベルを白地で見せておいて、
中身のティッシュを全て使い切った時に、やっとラベルの内容を見ることができるように、
わざと反対側に向けてラベルを封入していることがあります。
企業の目的や工夫によって、さまざまな目的に合わせた販促用ポケットティッシュを作ることができます。
 
1-3.形状や大きさを変える
販促用のポケットティッシュを作成するにあたり、簡単にデザインを特徴的なものにする方法があります。
それが、ポケットティッシュの「形状や大きさを変える」ということです。
 
一般的な販促用のポケットティッシュは、レギュラーサイズと呼ばれる長方形型が大半です。
宣伝広告を限られたラベルに効果的に取り入れることはもちろんこと、
手に取った方の使いやすさを考えた大きさであるからです。
 
一方、販促用のポケットティッシュを他社とは違った形状にしたいという場合は、
大きさを変えることが手っ取り早い方法といえます。
ポケットティッシュの大きさを変えると、もしかすると使う人よっては
不便、大きくて持ち歩けないという方もいるでしょう。
 
しかし、通常のサイズのティッシュよりも明らかに大きなサイズ、
または小さくしたサイズを配布することによって、いつもとは違う特別感から
ポケットティッシュを受け取ってくれる確率が高くなる可能性もあるのです。
サイズの違いを出すことのほか、長方形のレギュラーサイズを使うのではなく、
正方形の形をしたスクエアサイズを使うのも差別化するためには効果的といえます。

ポケットティッシュ

オリジナルティッシュ

激安ティッシュ

ポケットティッシュ 激安


ノベルティ ティッシュ
 

PickUp!

http://madeafrica.org/