販促用ポケットティッシュの効果を高める方法

1-5.ターゲットを決めて配布をする

2017年03月24日 13時26分


販促用のポケットティッシュを作成している企業の中には、ある一定の年齢や、
限られた人に対して営業を行っていることがあります。
ポケットティッシュの数量が限られている場合や、配布するスタッフに限りがある場合など、
販促用としてポケットティッシュを活用する費用対効果をよく把握することが大切です。
 
PR広告が記載されたポケットティッシュは、お客として来店してもらいたい方や、
購入してもらいたい世代など、ありとあらゆる状況を考慮して、
「ターゲットを絞る」ことも効果を上げるためには必要なことだといえます。
 
ターゲットも絞られていないため、ただ単に無料配布していては、
目標である高い効果は得られにくいともいえるからです。
 
ポケットティッシュを配布する場所や時間は、ターゲットを絞る上でも大切です。
例えば、社会人を対象にPR活動をしたいのであれば、通勤で利用する駅前がベストであり、
時間帯は朝や夕方くらいが良いでしょう。
 

PickUp!